2011年7月アーカイブ

長い時間をかけて分かること

 漠然としたイメージだけれども、子供の頃には、世界の謎がすべて解けるような方程式みたいなものがあって、それが解けたら世の中のあらゆる問題は無くなって、万事解決、みたいなことになるのではないか、と思っていた。それで、世の中の大人は、みんなその方程式を解くために、仕事をしたり、いろんな悩みを持ったりしているんじゃないか、と思っていたので、自分がオトナになる頃には解決してしまっているんじゃないかと思っていたりした。

 

小さい頃から数学が好きで、数字がいろいろな物事を叙述する、ということに素直に感動していた。大人になってからも、なぜ数字が世界を記述することができるのかという理由に関心を持っているし、直近でいえば、それはデジタル化のとネットワークの進展に関しての興味へと変化しながら自身の興味の通奏低音として今も心を揺さぶっている。だから、数学や科学の神様に愛された「天才たち」の物語には無条件に反応してしまうし、その才能が先天的であることは、幼少の頃はそれに憧れを感じたし、今は自分の凡庸さへの納得を促してくれる。

 

そうした数字や科学の世界の特徴は、誰でもそれを適切に計算、運用すれば、ひとつの結論に到達し、それは他の人達が検証を進めることによって正しさが認識される、というところだろう。本来、数学は人間の直感に基づく事象を記号化して扱いやすくした物だと思う。1+1が2である、というようなところから出発し、どんどん複雑な計算ができるようになり、いつの間にか物体の運動や生物の進化、宇宙の動きまでも説明ができるようになるという面白さがたまらない。そして、「理論上正しいとされたことが、実験によって証明される」という、主従の逆転が発生した時点から、「世の中の事はすべて数学=論理で説明できる」というコンセプトが生まれてくるわけで、だから「方程式のように世界が解ける」という発想につながっていく。

 

さらに、コンピュータの発達は上記の思想に拍車をかけた。計算ならお手の物、というコンピュータは、次々と未解決の数学や科学の問題を解決し始めたのが、20世紀中盤以降の歴史であり、それを同時代で感じていた科学少年たちが「もう自分たちが大人になる頃には、問題自体が無くなっているのではないか」と懸念したのは無理も無いことと思える。でも、現実はそうはならなかった。

 

現実世界は、相変わらず未解決の問題は多いし、ひとつの問題が解決されたらされたで、新しくて、もっと複雑な、しかも複数の問題が発生することも頻繁にあることが分かってきた。むしろ、それまで直観をベースに進めてきた数学や科学が、それを進化させていくと、その直観そのものを否定する結論を導きだしてしまうこともありうる、というとんでもない現実が明らかになってきた。ここまできて初めて、世界っていうのは、それほど単純には出来ていない、ということが、まさに科学の進化によって明らかになった。

 

ある時期、「科学的に正しい」と言われていたことが、あとあと、必ずしもそうではない、と結論がひっくり返ってしまうことは少なくない。上記の一連の流れは、そもそも科学的に正しい、ということは一体何を意味しているのか、ということに関する歴史がまさにあとあとひっくり返ってしまった事例の一つだ。科学だけでなく、色んなことが、人間の認知の過程で変化しうる。そして、「長い時間」を経ないと分かりようがない「ある種のものごと」が存在する。その「長い時間」というのは、もしかしたら、自分の人生では足りないかもしれない。そして、個人的には、できればそうした「長い時間をかけて分かること」を大切にしたいと思っている。自分という個人をも超えた長い時間をかけて、初めて分かるようなこと、そんなことの一部に自分の人生があるなら、それは途方も無い幸福だと心から感じる。



Author:渡辺健堂
1971年生 北海道出身 北海道大学法学部卒
卒業後、㈱日本長期信用銀行入行。コーポレートファイナンス業務、マーケット部門でミドルオフィス業務に従事。その後、ベンチャー企業を経て2000年にヘッドハンティング会社の設立に参画。2002年に同社代表取締役社長に就任。投資ファンドにおける投資先経営陣確保の重要性に着目、幅広い業界の経営者候補との強いパイプラインを築く。
2006年㈱エグゼクティブ・ボードの立上げに参画、主に金融の他、事業開発、事業企画などを得意とし、経営者発掘と投資ビジネスの融合を模索している。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

カテゴリ

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.22-ja