2010年10月アーカイブ

後継社長の気概を見た!

多くの経営者とのネットワークを持つ方から、業界イメージを変えようとがんばっている経営者がいるので会ってみませんか?ということでH社長を紹介された。
H氏(47歳)は、外資系保険会社で営業、マーケティング、事業企画、子会社役員を経験され、40歳で全く異業種のサービス業界に転身された。

当時、創業経営者は拡大成長した会社の経営を時代や社会の変化、顧客ニーズに合った会社や事業に進化させ、継続的な事業成長を実現したいと考え、社外から次世代を担う経営者候補を複数採用したようだ。その中から後継社長として抜擢されたのがH氏である。

H氏は敢えて役職を付けず顧問として入社し、当初は現場配属を希望して、一般社員と同じ仕事をすることを希望した。しかし、入社当時は、社長が勝手に連れて来て、得体の知れない人間と見られ無視されたり、仕事の情報を伝えてもらえなかったり、ということも多々あったらしい。
元々、公平で私利私欲のないH氏は数ヶ月毎朝一番早く出社して、夜遅くまで社員達と一緒に汗を流して働く内に、いつの間にか社員から飲みに誘われるようになっていた。
同時に、H氏はマーケティング手法や営業企画などを得意としながらも、業界やサービスについては全く知識がないので、経営者や先輩幹部だけになく、古株の社員にも熱心に教えを請い短期間で多くを学んだようだ。

会社や事業、サービスや商品を正しく理解し、経営者や経営幹部、そして社員との相互理解も出来たところで、大票田である東京エリアの売上拡大プランを練り上げ、陣頭指揮で実行し、見事に大きな成果を収めた。
H氏は短期間で周囲の信頼を勝ち取り、確実な業績をあげ、昨年4月に代表取締役に就任したのだが、社長になることは直前まで全く予期していなかったらしい。
一生懸命に会社を良くすること、事業を健全に伸ばすこと、社員と心を一つにして相互の信頼関係を築くことを徹底的にやり続けただけと言う。

40代のH氏には、まだ経営者としてチャレンジする時間が充分に残されている。
今後は、徹底して顧客の要望に耳を傾け、高品質のサービスを提供することで、大きな信頼を得て、顧客にとってオンリーユーの存在になりたい。
その上で、今の事業・サービスだけでなく、顧客が必要としている情報や、商品を提供できる新しい事業・サービスを手がけていきたい。
高い志を持つ若き経営者と共に、社会や人に役に立つ事業に挑戦したい方は、是非声をあげて頂きたい。


Author:竹内薫
1955年生 福岡県出身 78年立命館大学卒
研究開発型ベンチャーの設立に携わったのち、82年(株)リクルート人材センター(現リクルートエージェント)入社。
人材紹介、エグゼクティブ・サーチ、教育研修事業部長、人事部長を歴任。
99年に㈱スピリッツ(人事・採用コンサルティング事業)を設立。
国内企業の成長を人事・採用面で支援する。
06年8月、経営人材に特化した人材サービス㈱エグゼクティブ・ボードを設立。
代表取締役に就任。
経営者及び経営人材の発掘と成長支援をライフワークとする。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

カテゴリ

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.22-ja