2008年12月アーカイブ

成長が期待できる会社

師走を迎え、クライアント企業のトップとお会いする機会が増えているが、全般的には業績が落ち込み来年以降も悲観的な見通しが多い。
そんな中、大手アパレルSPAのU社や大手インテリア・ホームファニシングのN社は業績絶好調でお店も多くのお客様で賑わっている。
長年、中期的な組織体制創りのお手伝いをさせて頂いている当社としてもわが事の様にうれしく思う。
両社に共通しているのは、

①すべての判断基準が常にお客様にあること
②理念やビジョンが明確であること
③基本的な事を徹底的に実行していること

である。

そういう意味では、まだ未上場ではあるが上記の条件をすべて満たす今後の成長が大いに期待できる企業(経営者)をご紹介したい。

K社はお酒や加工食品を中心とした個人宅や飲食店への宅配サービスで毎年2桁成長を実現し3年後には売上1000億円を目指している。
1年前にS社長と初めてお会いし、約3時間に渡り会社や事業に対する思いや社長自らの生き方や価値観を伺い、以下の点で是非お役に立ちたいと決めた。

①消費者としてサービスを拡げてもらいたい
K社のビジネスモデルは東京23区内であれば2時間以内にビール1本から届けるというもの。
既に都内10万軒ある飲食店の内3万軒、約400万世帯の一般世帯のうち40万世帯の購入履歴があるという。
今後はお客様にお酒や食品に限らず、生活に必要な商品やサービスをお届けすることが可能となる。いわば<顧客や地域に密着した新しいマーケティング、物流サービスを提供する会社>への進化が期待できるのである。

②経営者の人柄
酒屋の3代目として生まれたS社長は素直で誠実で、ある意味自身を客観的に見ることができる。
オーナー経営者にありがちな会社=自分という考えは全くなく、お客様や社員の為に会社や事業を成長させたいと心底思っている。S社長の理想は今まで会社を支えてくれた社員と、今後あらたに参加してくれるメンバーが強い信頼関係で結びつき中身の伴う成長をしたいということ。

③K社の理念、風土に対する共感
K社が大事にしている5つのスピリッツがある。
・うそをつかない  
・ごまかさない
・手をぬかない
・あきらめない
・とどまらない

これは、S社長自身が今まで大事にしてきた心の拠り所となるものである。
全社員がこのスピリッツを持ち、本当のチームワークで結ばれれば必ずや日本を代表する新しい会社が誕生するはずだ。

*S社長については、株式会社スピリッツグループのサイト<チャレンジャー応援プロジェクト>において対談記事を掲載しています。

若きポテンシャル経営者との熱い飲み会!

先週、とてもうれしかった事は、久し振りにお会いしたY氏(32歳)が、従業員約1000名、店舗数約600店の外食チェーンの素晴しい経営幹部に成長していたことである。

食事を一緒にしながら、Y氏の会社や事業そして社員に対する熱い想いに刺激を受け、社会や日本をもっともっと良くしていきたいと盛り上がった。
まるで同じ会社で働く同志のような錯覚を覚え時間を忘れて飲み明かした。

数年前に会ったY氏は素直で正直な人という以外は特に強烈な印象には残らないごく普通の好青年と映ったのだが、じっくりお話してみて何故、短期間にこのような成長を遂げたのかを考えてみた。

①育った環境
Y氏は経営者の家系に生まれ幼少時代から祖父や父親の後姿を見て育ち、リーダーとしての身の処し方が普段の生活で身についたようだ。
また、大学時代は体育会キャプテンを務め多くの部員を目標達成(優勝)に向けて引っ張っていく経験もしている。

②目的意識の有無
大学卒業後は、多くの企業やそこで働く従業員の為に役に立ちたいと考え、大手の戦略コンサルティング会社に就職し重要なプロジェクトを手がけ多くの成果を挙げてきた。
しかし、会社やクライアントから高く評価はされるが、もっと会社や事業成長にコミットメントした仕事がしたいと考え悩み始める。自分が本当に実現したいのは多くの人を幸せにしたいと心から想うに至ったようだ。

③環境が人を育てる
そのY氏のポテンシャルを高く評価した経営者がいた。
Y氏はコンサルタントを辞め、長く業績低迷している外食チェーンの再建メンバーとして送り込まれ、最初は外人部隊として見られるもプロパー社員やパート従業員と一緒に現場で汗をかいた。コンサルタント時代と違い、改善・改革のテーマを提案するだけでなく、経営や現場を巻き込み自らが身体を張って働き続けた。
その結果、2年半でその会社の経営者だけでなく多くの従業員から望まれ、今では執行役員として企業経営の多くを任されるまでになった。

当社は経営人材を発掘し、活躍の場を提供することで本物の経営人材を数多く輩出したいと考える。Y氏の年齢を考えると、日本を代表するグローバル経営者に成長することも夢ではない。いつまでも応援していきたい人財である。Y君また一杯行こう!


Author:竹内薫
1955年生 福岡県出身 78年立命館大学卒
研究開発型ベンチャーの設立に携わったのち、82年(株)リクルート人材センター(現リクルートエージェント)入社。
人材紹介、エグゼクティブ・サーチ、教育研修事業部長、人事部長を歴任。
99年に㈱スピリッツ(人事・採用コンサルティング事業)を設立。
国内企業の成長を人事・採用面で支援する。
06年8月、経営人材に特化した人材サービス㈱エグゼクティブ・ボードを設立。
代表取締役に就任。
経営者及び経営人材の発掘と成長支援をライフワークとする。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja