2008年2月アーカイブ

オーナー経営者の挑戦!

エグゼクティブサーチの仕事は、基本的に経営者から直接人材採用の相談をお請けしているが、その中でオーナー経営者からの依頼も数多くある。

これから当社が取り組む案件に、食品小売業からスタートし、現在は量販チェーン・業務用卸売業で売上数100億円に急成長した企業の次世代幹部採用がある。

家業からスタートし、現在は国内外にカジュアル衣料の店舗を展開することで成長する企業に「ユニクロ」があるが、この会社も同様に更に大きく成長するポテンシャルを有している。

第一に経営者が事業(商売)を知り尽くしていること。
40代後半の社長は大学卒業後に家業(小売店)を継ぎ、店舗運営・商品仕入れ・物流・経理・人事を自ら経験しながら、お客様の視点で一からサービスや商売を組み立ててきた結果、今の規模まで成長した。

第二に経営者が今後に明確なビジョンや理念を持っていること。
既存事業の強みは、個人及び店舗に直接商品を届けるサービスで得られた「顧客信頼と圧倒的なデータベース」と考える。今後は食品分野の商品ラインアップを増やすだけでなく、新たな商品やサービスを顧客に直接お届けすることで事業成長を目指している。

また人を財産と考え、社員に誠実に対応してきた結果、経営と従業員、従業員同士に深い信頼関係が構築されている。

第三におそらく近い将来、株式を公開することで財務的な体力が強化され、既存事業への積極的投資や新事業開発も実行されると予測する。

経営者が掲げているプランは「数年後には上記の強みを活かす事で、既存事業の成長拡大と新規事業開発やM&Aにチャレンジする」ということ。
目指すは地域や顧客に密着した、新しいマーケティング・物流サービス会社となり、その結果、売上も現在の3倍に達する計画である。

その実現の為に、内部人材の育成と外部人材(特に経営幹部)を積極的に採用し、強い経営チームを構築していく。マーケティング・事業企画・事業開発・経営企画に自信のある方は大いに活躍できる環境と思われる。

異業界の経営者に挑戦する!

当社は小売・流通・サービス業界などのクライアントと太いパイプを有しているが、幹部候補や中核人材として総合商社、戦略コンサルティング業界の人材、マーケティングや事業開発に強い事業会社の事業企画や経営企画人材を採用したいという依頼が多くある。

この業界も厳しいグローバル競争に打ち勝つ為、成熟した消費者のニーズをいち早く察知し、事業やサービスに展開できる真のリーダーを必要としているのだ。
その為には、プロパー社員と異業種人材の混成チームで強力な経営チームを構築したいと考えている。

今回は、経営者を目指し異業種から転身したS氏(34歳)をご紹介することにする。
S氏は、慶応大学卒業後、国内大手電子機器メーカーに就職し営業部門を経験後、社内ベンチャーの立ち上げに参加し事業開発の面白みを体感した。その仕事を通じてあらためて事業経営を体系的に身に付けたいと考え大手戦略コンサルティングに転職する。
将来、経営者になるという明確な目標を持つS氏は難しいプロジェクトに積極的に取り組み、多くの経験やスキルを得て、短期間でマネージャーに昇進した。
S氏から約1年半前に事業会社の事業開発と戦略コンサルタントの経験を活かし、出来るだけ早く経営の仕事をしたいという相談を請け、国内1部上場企業のオーナー経営者に経営幹部候補としてご紹介した。
S氏は現在社長直轄のグループ会社経営支援部長として各社の経営支援を担当している。おそらく、近い将来、親会社もしくはグループ会社の経営を担うことになるだろう。
S氏が極めて優秀な人材と思うのは、本物の経営者を目指して地道な努力していることだ。
就職活動は優秀な人材が多くいて、若くてもチャレンジさせてくれる会社を選択し、
次に事業や経営を体系的、論理的に学ぶためコンサルタントの道を選んだ。
今の会社は日本を代表する経営者の直近でマネジメントや商売の難しさを経験すること。また、中途採用者であるデメリットを克服するために多くの社員と仕事を通じて理解し合える関係を創りたいと心底、思って努力している。
その結果、短期間で経営者はもとより多くの幹部や社員からその人柄や、能力が認められ、
信頼される存在になっている。

おそらく、当社がS氏の経営する会社の人材戦略をお手伝いする日もそう遠くないと考えている。

新事業開発チームの挑戦!

当社のキャンディテートに、外食大手企業の経営幹部からインキュベート支援企業が手がける外食新会社の社長として転出し、みごとその立ち上げを成功させたK氏がいる。
しかし事情があり、K氏を始め立ち上げに参加した経営チームは新たなチャレンジの場を探すことになった。K氏から、大手企業の新事業開発や外食事業の再生案件にチーム全員で参加できる道筋をつけて欲しいという依頼が来た。
その経営チームは、ゼネラルマネジメントK氏と外食事業に精通したマーケティング・事業企画や店舗運営のプロ、戦略コンサルティング出身のコア人材など、豊富な経験とスキルを有するメンバーだ。
そしてこのチームの最大の強みは、前職で困難な問題に遭遇しながらも、全員の知恵と力を結集して新事業(外食)を立ち上げることのできるチームワークである。

彼らの考えるビジネスプランを練り直し、安定的な事業基盤を有する企業、かつ新たな事業展開を考える当社のクライアント企業をリストアップ。その後、企業側の経営層に直接プレゼンする機会を設けていただいた。
結果、ある大手商社の経営者の眼に留まり、既存の外食事業部門の強化と新事業開発という目的でチーム全員採用に至った。
K氏を中心としたチームと、受け入れて頂いたクライアント企業の成功を心よりお祈りしている。

当社には、事業企画や事業開発、経営企画、マーケティング分野の専門性を有する人材にアクセスして頂くケースが多い。
出来ればこのような方のキャリアアップを個々にお手伝いするだけでなく、今回の新規事業開発のように、チームやプロジェクトベースで活躍の場を提供させて頂くことにも努力していきたい。


Author:竹内薫
1955年生 福岡県出身 78年立命館大学卒
研究開発型ベンチャーの設立に携わったのち、82年(株)リクルート人材センター(現リクルートエージェント)入社。
人材紹介、エグゼクティブ・サーチ、教育研修事業部長、人事部長を歴任。
99年に㈱スピリッツ(人事・採用コンサルティング事業)を設立。
国内企業の成長を人事・採用面で支援する。
06年8月、経営人材に特化した人材サービス㈱エグゼクティブ・ボードを設立。
代表取締役に就任。
経営者及び経営人材の発掘と成長支援をライフワークとする。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.22-ja